こだわり

ご飯は食べずに捨てるもの〜謎ルーティンに困っている件〜

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日はご飯を8~9割がた捨てるという自閉ちゃんの謎ルーティンについて書いていきたいと思います!!

風邪が絶賛悪化中のクマヒロ、相変わらず薬漬けなリャマミ、とうとうリャマミの結膜炎がうつった自閉ちゃんと病原菌が蔓延した環境下で書いており、頭がかなりボーっとしているため少し話にまとまりがないと思いますが、ご容赦ください((+_+))

我が家の食事はフルコース形式

久しぶりに偏食の話題を書こうと思ったんですが、この頃自閉ちゃんのあるルーティンが我が家で問題視されていますので、その事について書いていきたいと思います。

そのルーティンというのが

ご飯を食べずに捨てる

というもの。

字面だけだと、その光景がイメージ出来るような出来ないような、なんとも言えない感じですね(・´з`・)

このルーティンを説明するためには、我が家の食事の流れを説明する必要がありますが、自閉ちゃんの食事は一品毎に料理が出てくるフルコース形式。

一例をあげると

  1. 自閉ちゃんがプチダノンを要求
  2. 食べ終わる
  3. そぼろご飯を要求
  4. 食べ終わる
  5. おやつポテトを要求
  6. 食べ終わる
  7. ふりかけご飯を要求
  8. 食べ終わる
  9. スタイを自分で取ってご飯を終了

こんな感じで一品一品サーブしており、見るからに効率が悪いです。゚(゚´Д`゚)゚。

今まで上げてきた画像もよくよく見ると一皿ずつしか登場してないんですよ…気づいてた方いらっしゃいますか|ω・)??

例えばこの日は

  1. カレー
  2. そぼろご飯
  3. 食パン
  4. おやつポテト
  5. プチダノン

という狂気のコース料理を堪能した日ですが、この画像にあるのは前菜のカレーのみ。

これはピザの耳からディナーが始まったパターンですが、このように自閉ちゃんの食事風景には複数の皿が一度に登場することがありません。

とにかく無駄な段取りが多く、自閉ちゃんが新たなものを要求するたび食事が止まる面倒なシステムなので、長い時には食事に1時間近くかかることも…。

ちなみにこの要求なんですが、自閉ちゃんが

『アッ!』

と言いながら指さしで食べたいものを指示してくれるので、その度に親が指示されたものを用意するというのが基本的な流れ。

ちなみに3ヶ月くらい前までは

『アーッ!!アーッ!!』

と鬼気迫る雰囲気で叫んでいたのですが、この頃余裕が出てきたのかふてぶてしくなってきたのか、省エネ方式で

『アッ!』

とキレのいい必要最小限の声で指示してきます( ˘•ω•˘ )

うるささはだいぶ軽減されたんですが、以前の必死にご飯を求めているベビー感がなくなり

『早く準備してくれよ』

という王様感が前面に出てきたので、リャマミはかなりイラッとする模様…成長が必ずしも肉体的精神的な負担の軽減にならないところが子育ての難しい所ですね(*_*)

ご飯は捨てるもの

ここまでで自閉ちゃんの食事風景がなんとなくイメージしてもらえたかと思いますが、恐らく一つの疑問が皆様の頭浮かぶと思います。

それは

『自閉ちゃんが指示したものを出してるのに、なんで捨てることになるの??』

というもの。

当然の疑問です!!

自分が欲しいものを捨てるとか、意味わかんないですし(・´з`・)

そもそも自閉ちゃんの食事がフルコース形式になったのは

一気に複数の料理を出しても、自閉ちゃんがお気に召さないと全部捨てることになる

からだったんですよね。

無駄にご飯を捨てないための手段として

『欲しいものをその都度選ばせれば、ちゃんと食べるでしょ』

という事で採用したフルコース形式。

実際、最初のうちはそれが成功し、食材ロスが大幅に軽減していました!!

『ちゃんと自分で選んだものは食べるんだね』

リャマミもクマヒロもそう思っていたからこそ面倒極まりないフルコース形式を取っていたんですが、近頃自閉ちゃんの様子がおかしいんです…。

そう

自分で選んだものでも一口も食べずに捨てるようになり始めたんですよ(´;ω;`)

もう

もはや捨てたいから用意させてると言っても過言ではない勢いです

現在の自閉ちゃんの真実の食事風景を書くと

  1. 自閉ちゃんがプチダノンを要求
  2. ちゃんと食べる(多分甘いから)
  3. そぼろご飯を要求
  4. 一口食べて残りはゴミ袋にダンクシュート
  5. おやつポテトを要求
  6. 一口も食べずゴミ袋にポイ
  7. パンを要求
  8. 端っこの固い部分だけ食べて残りはゴミ袋に無理やり押し込む
  9. ふりかけご飯を要求
  10. 出てきた時点で『これなんか違うわ』とスタイを自分で取ってご飯を終了
  11. ふりかけご飯を捨てようとするリャマミを威嚇し、自分でゴミ袋に入れてご満悦

このように最早食事はご飯を食べるためのルーティンというより、ご飯を捨てるためのルーティンと言っていい状況です(´;ω;`)

食材廃棄率はコンビニもビックリの8~9割!!

節分終わりの恵方巻並みにバンバン捨てられる我が家の食材達。

しかも、自閉ちゃんが自分で捨てないと気が済まないのか、キッチン上に置いてあるコンビニ袋くらいの食材廃棄用のゴミ袋に、食器を逆さにしたりしながら雑に捨てるので、色々と散らばる散らばる、汚れる汚れる(´;ω;`)

自閉ちゃんも捨てるのに夢中になりすぎてあまり食べないからか、ちょっと痩せてくる始末…これはどうすればいいんですかね。

捨てるちゃん対策どうしようか問題

すっかり『捨てるちゃん』と化した自閉ちゃん。

いまは風邪だから食欲がないというのもあると思うんですが、ホントに食べずにひたすら捨てるだけなので、困り果てています。

その割には、ミスドのポンデリングは3個一気に食べたりするので、これも偏食の一種なんですかね( ˘•ω•˘ )??

対策として考えられるのは、食事のワンプレート化。

ワンプレートにそぼろご飯、ふりかけご飯×2、ポテト、カボコロ辺りの定番メニューを並べて、好きに食べさせる方式です。

まぁ子どもの食事としてはコチラの方が一般的ですよね(^^)

昔は似た方式でほとんど捨てる事になったため、現在のフルコース形式に移行したんですが、どのみち捨てるなら労力も時間も短縮できるワンプレーと方式が良さそうですし、今なら並べたうちの一つくらい食べるかもしれないですしね!!

ただ、ワンプレートはワンプレートでこれまでのやり方からガラッと変えることになるので慣れるまで大変ですし、少なくとも風邪が治ってからしばらく様子を見て、それでも『捨てるちゃん』状態から戻らない時の秘密兵器にしておきたいというのがホンネです。

とりあえずは様子見になりますが、いつかワンプレート化したらもう少し食事風景がインスタ映えするようになりそうなので、食事の画像が増えるかもですね٩( ”ω” )و

※ただし、プレートに乗っているものは基本毎日同じ

今日の自閉ちゃん

今日の自閉ちゃんはコチラ!!

捨てるちゃんのパートナーであるゴミ袋を無視して、一心不乱にピーマンを貪る自閉ちゃん( *´艸`)

好きなものは捨てずにちゃんと食べるので、やっぱり偏食傾向がまた強くなってるだけなんですかね??

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログ『オモチャを頬張ってヨダレまみれな件〜感覚遊びが大好きな4歳児〜』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

POSTED COMMENT

  1. のん より:

    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    クマヒロさんの言葉のチョイスが面白くてブログを見ながらいつも笑ってしまいます。
    我が家のもうじき3歳になる自閉ちゃんも食事はフルコース形式、そしていつも半分以上捨てています。
    たくさんの食べ物を一度にだすと、その時に食べたい物以外は全て机の上から排除しないと気がすまないのか怒りながら食べたい物以外のお皿を机の下に並べていきます。
    なので時間はかかりますが子供に選ばせた物を一品ずつフルコース形式にしてだしています。
    かといって選んだ物をだしても、ひとくち食べて次を出せと要求したり、食べずにお皿をそっと床に置いたりと毎回なかなか食事に時間がかかります。
    偏食に関してはとりあえずその時々で食べられる物を頑張って食べさせながら、大きくなって少しづつ食べられる物が増えるのを待つしかないのかなぁと思っています。
    これからもブログ楽しみにしてます。

    • クマヒロ より:

      いつもご覧頂き誠にありがとうございます!!
      のんさんのお子様の行動がそのまま自閉ちゃんと一緒でリャマミ共々驚いてます(;゚Д゚)
      療育センターでも訓練会でも食に関しての特徴が似ている子はいないので、お話聞けてスゴイ親近感と安心感を得ました、感謝です!!
      前に偏食セミナーに行った時にも、内容をまとめると『最低限食べられてれば大丈夫だから、時が解決するのを待とう』という感じだったので、食事の用意が大変かと思いますが、お互い頑張りましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です