奇声

薬物療法を検討した方が良いのか問題

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日は興奮を抑えるために薬を使うことを検討した方が良いのかということについて書いていきたいと思います!!

是非ご覧ください。

テンションが凄すぎまして

皆さまようやくコロナも少し落ち着いてきた昨今、いかがお過ごしでしょうか??

あんなふにゃふにゃな感じの緊急事態宣言でも凄い効果あるんですね(゜o゜)!?

医療従事者向けのワクチン接種も始まったみたいですし、ようやく終息に向けて希望が見えてきた感じで、少し安心感が出てきたり。

もう互いの実家に丸1年以上帰れていませんし、早くコロナを気にせず生活できるようになって欲しいですね。

さて、そんな落ち着き気味なコロナと違い、春が近づきますますテンションが荒ぶっているのが、我が家の自閉ちゃん((+_+))

日ごろどれだけ荒ぶっているかを紹介するため生音声をあげたばかりですが、あれからさらにパワーアップにパワーアップを重ね、この前の音声がウィスパーボイスに聞こえるほど荒ぶりに荒ぶりまくっています!!

昨日とかリャマミと3メートルも離れていない距離で会話が不可能になるくらい騒いでましたからね。

ただただ恐怖です( ˘•ω•˘ )

もう

はしゃいでいる

というより

常に絶叫している

という感じで、もし自閉ちゃんが自分の子どもでなかったら確実に危険なドラッグによる興奮状態を疑うレベルに到達しています((+_+))

先生から薬の話が出まして

そんな超絶ハイテンション期を迎えた自閉ちゃんですが、療育センターでもそれなりにうるさくしている模様。

リャマミや私が授業参観などで見ている限り、家にいる時と比べれば50%オフくらいのテンションなのでかなり大人しめではあると思うんですが、それはあくまで自閉ちゃん比の話。

他のお友達との比較でハイテンション認定をうけているようで、先日リャマミが話しているとき

『いつもこの状態だと大変ですね』

『診察の時に先生に薬のことを聞いてみるのもありかもですね』

とサラッと薬物療法の話が出てきたんです!!

薄々というかメチャクチャ気づいていたんですが、やっぱり自閉ちゃんって療育の先生から見てもなかなかの逸材なんですね(´;ω;`)

薬の知識はない我が家

先生からサラッと相談を勧められたものの、これまで主治医の先生から一度も薬の話は出てきたことがないので、我が家の薬物療法に対する知識はほぼほぼ皆無

まぁ、他の方のブログを見ているなかで自閉ちゃんの年齢でも薬物療法をやってらっしゃる方がいるのは知っているんですが、実際に主治医の先生から話がでない以上どうしてもまだ先の話という感覚があるんですよね( ˘•ω•˘ )

クマヒロにいたっては薬物療法の話になると

『レスパダールでしょ、レスパダール飲むと落ち着くんでしょ!!見た、なんかで見たから知ってるよ!!』

と食い気味に薬の名前を連呼する程度の知識しかなかったり。

そしてリャマミに

『それ、リスパダールのこと?』

と冷たくあしらわれるという( ノД`)

まずは基本的なところから勉強しないとダメですね。

当面の方針

主治医の先生とは半年に1回定期的な診察をうけていて近々診察の予定があるのですが、先生から薬物療法を勧められない限り、こちらからお願いすることはないというのが現状の我が家のスタンス|ω・)

主治医の先生は3歳の頃からずっと自閉ちゃんを診てくれていますし、療育の現場にもちょくちょく顔を出して様子をチェックしてくれているので、当然ながらまずは主治医の判断を尊重したいです。

まぁ、半年に1回の診察だけでしか自閉ちゃんの様子を知らないというようなレベルであれば、自分から薬物療法の話を振って掘り下げるという選択肢もあるのかもしれませんが

  1. 定期的な診察
  2. 療育現場の観察
  3. 療育の先生との情報交換

という形でかなり手厚く診てもらえる体制ができているので、薬物療法が必要な段階なのであれば主治医の先生からお話が頂けると思います!!(多分)

それにリャマミが療育ママ友と話をしている感じでは、お友達も薬物療法をしている雰囲気がないので、先生の方針として薬は使わないというのがあるのかなとも思ったり…この辺り完璧に妄想ですが(;´・ω・)

薬を使うと副作用も心配ですしね。

先生からのオススメで服用する方向になった場合であれば

『これも治療の一貫として仕方ないんだ』

と納得できそうですが、自分からアピールしたうえで副作用がでると激しく動揺して

『すいません、やっぱり中止したいです!!』

などなど一貫性に欠ける行動をしてしまいそうですし(*_*)

もし本当に療育の先生が薬物療法が必要だと判断するのであれば、主治医の先生に報告してくれるでしょうし、次回の診察ではまだ話を出さないでおこうと思います。

ただ、遅かれ早かれ勧められるときはくるかと思いますので、話が出ても動揺しない程度には知識を蓄えておかないとダメだなと感じた今日この頃です…とりあえず病院公式サイトなどで調べて最低限の情報は頭に入れておきます(・´з`・)

今日のこだわり

今日紹介するこだわりは

食事用の椅子は絶対にフロアマットの上に乗ってないとダメ

という何とも微妙なこだわり。

我が家では自閉ちゃんが食事をこぼしまくることへの対策として、ニトリで買った薄いフロアマットを敷いているんですが、自閉ちゃん的にはこのマットの上に椅子があるのが正しい姿らしいんですよね。

なので、リャマミが掃除のため一時的にマットから椅子をどかそうものなら、どこからでも飛んできてキレながら椅子をマットの上には戻すんですよ。

ただ、その際リャマミは一切視界に入っていないので、椅子がガンガンリャマミにぶつかっても全く気にせず所定の位置に戻そうとするんですよね( ノД`)

というか、若干気づきながらも

『椅子正しい位置に戻してるだけだし。どかないリャマミがギルティーだし。痛いのくらい我慢しろだし』

と思いながらやってる節もあったり…反抗期(゜o゜)!?

掃除を邪魔されることにより『リャマミVS自閉ちゃん』が始まるパターンも多いので、フロアマットをもっと大きくして椅子が常に乗っている状態にしないとダメかもですね。

今日の自閉ちゃん

今日の自閉ちゃんはこちら

いつもの散歩コースに都市型ロープウェイという謎の施設ができることを喜ぶ自閉ちゃんです( *´艸`)

リャマミに親子3人で乗ろうと言ったところ思いっきり断られたので、完成したら空いているタイミングを見計らって自閉ちゃんと2人で乗ってみたいと思います!!

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログ『疲労MAXな休日~激坂で燃え尽きまして~』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です