おでかけ

3歳の自閉症児はディズニーランドを楽しめるのか?【前編】~バスと集団行動と~

こんにちは、『クマヒロ』です。

今回から複数回にわたって自閉ちゃんが去年11月に行ったディズニーランドの話を書いていきたいと思います。

一般的に人混みや待つことが苦手な自閉症児にとってテーマパーク、特に『ディズニーランド』は非常に高いハードルですが、ゴールデンウィークに行く方も多いと思うので、何かの参考になれば嬉しいです。

テーマパークの思い出

ジブリ美術館の話でも書きましたが、自閉ちゃんは人混みが好きではなく、待つことも苦手です。

ディズニーランドに行く前の段階でも

  • 水族館
  • 動物園
  • おかあさんといっしょファミリーコンサート
  • 八景島シーパラダイス(…これも水族館ですね(*_*))

など子供が好きそうな場所にチャレンジはしていましたが、正直自閉ちゃんの反応は微妙の一言((+_+))

親がいるから仕方なく車から降りて園内をまわりはするものの、義務感で付き合ってくれている感じで、一通り見終えると『さっさと帰ろうぜ!』すぐに親の手を引っ張り帰路につこうとしていました。

特に『おかあさんといっしょファミリーコンサート』は私とリャマミ、そして自閉ちゃんにとって大きなトラウマを残すほどの大惨敗…。

恐らく自閉ちゃんにとってテーマパークなどでの『何かを観る』『順番を待つ』といった行動は『何をする時間なのか意味もわからない&予測がつかない&楽しくない』もので、あまりにも日常生活のルーチンや経験則から外れているため、精神的な負荷も強いのだと思います。

テーマパークなどに連れて行ってもあまり楽しそうでない自閉ちゃんを見て、一時期は『親のエゴで勝手に連れまわすのもかわいそうだな』と思い、なるべく賑やかな場所に足を運ばないようにしていました。

ディズニーランドへ行くきっかけ

『じゃあ、どうしてディズニーランドなんて連れて行ったの?』

という疑問の声を頂きそうですが、理由は単純明快で

『訓練会の行事だから』

です。

ディズニーランドは今もお世話になっている訓練会の年に一度のビッグイベントで、バスを借り切ってボランティアさんも含めた大所帯で行ったわけですね。

訓練会の行事と書くとディズニーランドとか混む上に待つし、そういう子たちが行っても大丈夫なの?』という疑問も湧くでしょうし、実際に私もリャマミも『本当に大丈夫なの?』という気持ちでした。

自閉ちゃんがディズニーランドに行くにあたっての不安点として

  1. 集団でのバス移動に耐えられるか
  2. 集団行動についていけるのか
  3. 人混みでぐずらないか
  4. 待ち時間でキレないか
  5. 乗り物に大人しく乗れるか
  6. 食事を取ることができるか
  7. 人に迷惑をかけないか
  8. そもそも楽しんでくれるのか
  9. 結果としてトラウマにならないか

こういったことが考えられました。

家族だけで行くならともかく、集団では皆に迷惑かけちゃうかもしれないしちょっと…というのが本音ですね(*_*)

特に①と②は全くの未知の世界でした。

最悪の場合、バスの中で自閉ちゃんが切れてしまい私達だけで先に帰るパターンもあり得ます。

ただ訓練会の考え方として、このディズニー遠足は

  • バスに乗る練習
  • 集団行動の練習
  • テーマパークへ行く練習

ということで、幼稚園や保育園の行事で行くことを想定しての練習だから泣いても、暴れても、楽しめなくても、途中で帰ってもOKと聞いて、少し安心して臨むことが出来ました。

確かに普通の子たちと一緒に行って一人だけダメだとショックが半端ないですが、訓練会の仲間相手なら『元々そういう子たちのための場所だから大丈夫』となれますしね。

訓練会ホントにありがたい場所です(´;ω;`)

それでは前置きが長くなってしまいましたが、出発から帰宅までディズニー遠足の全てを書いていきたいともいますので、お付き合いください!!

ディズニー遠足の概要

ディズニー遠足の概要を最初にまとめておくとこんな感じです。

日程:2018年11月19日(日)

天気:快晴&薄手のコートで十分な気温

集合:7時半

到着:9時前

出発:17時半

解散:19時

参加人数:家族10組位+各グループにボランティアさん1~2名

グループ:2~3家族で1グループを作って行動。ウチは2家族でした。

備考:到着したら集合写真だけとって、後は出発までグループにお任せ

 

移動時間を含めると12時間近い長丁場。

これだけ長い間お出かけするのは初めての経験だったので不安だらけでした。

バス移動

集合から出発まで

朝の集合が早いので、当日は6時起き。

とりあえずおなかが空かないよう自閉ちゃんに朝ご飯を大量に食べさせてから集合場所に向かいます。

ちなみに当日はベビーカー持参です。

寝た場合ずっと抱っこだと厳しいのと、機嫌が悪くなったらベビーカーに乗せてお散歩させれば少し良くなるかなと思い悩みはしましたが持っていくことに。最悪荷物をのせておけば無駄にはならないですしね(^^)

バスの集合場所に着くと、すでにほとんどの家族が着いていました。

自閉ちゃんは『おう、お前らもお出かけか?奇遇だな』といった感じで、事前にしっかりと説明はしていたものの、皆でバスに乗ってお出かけすることが全くわかっていない様子。

案の定バスを待っている少しの間に『何を待ってるんだ?お散歩行こうぜ!』と不穏な声を上げ始めます。

『あ、これダメなパターンかな?』と早速私とリャマミに緊張が走りますが、すぐにバスが到着したので『今日はこれに乗ってお出かけだよ~』と自閉ちゃんを促し乗車に成功。

第一関門突破です。

バスのなか

バスは福祉バスという障碍者団体なら格安で借りられるもので、4列シートのゆったりした作り。

私達は窓側から自閉ちゃん、リャマミ、通路、私、荷物といった感じで着席。

自閉ちゃんは何が起こっているのか分からない様子で、とりあえず大人しく座ってくれました。

バスの添乗員さんからの簡単な説明が終わると、ボランティアリーダー主導で普段から訓練会でやっている朝の会をバスで再現。

なるほど、少しでもバス移動の間を持たせる&いつもと同じ雰囲気を作って子供たちの意識を切り替えるんですね。

自閉ちゃんもようやく訓練会のメンバーでお出かけすることが飲み込めたのか、朝の会のルーチンをしぶしぶながらこなします。

朝の会は大体30分くらい続き、それが終わるとトイレ休憩。

今のところ自閉ちゃんの機嫌は良くもなく悪くなくといった所ですが、シートベルトをつけて座っていてくれているだけで大成功なので、順調なスタートが切れたといえます。

休憩が終わるともうディズニーまでは30分ほど。

車内は少しざわついていますが、朝の会のルーチンをこなしたことで精神的に落ち着いたのか、泣く子も奇声を上げる子はいません。

自閉ちゃんも窓の外の景色にご執心で、私たちが逆に心配になるほど声をあげません。

今日はイイ日の自閉ちゃんなのでは?

私とリャマミの期待も高まりますが、そこは自閉ちゃんが相手。

次の瞬間に号泣して暴れだしてもメンタルがやられないよう、常に最悪の事態を想定します。

そんなこんなで勝手に緊張感を高めていると…なんか見えました!!あの如何に夢の国っぽいのはディズニーランドに違いありません!!!

社内もにわかに活気に満ち、他の親御さんも子供たちに

『ディズニーランドだよ、久しぶりだね~』とか『お城見えてきたよ、楽しみだね~』

と言い、子供たちのテンションを高めていきます。

私達も負けじと『自閉ちゃん~、今からあそこで遊ぶんだよ~』と語りかけてみますが、『ごめん、今景色観てるから』という感じでディズニーには全く興味がない様子

まぁ、自閉ちゃんだから仕方ない(*´ω`*)

高速道路も順調で皆あっけにとられるほど何もなくディズニーに到着しました!!

 

ということで、ここからようやくディズニー園内の話となるのですが、写真が多い&文章がかなり長くなりそうなので前編はここまでとして、残りは中編、後編であげます!

そうなんです、分量や説明することの多さ的に3回に分けることなりそうです…本当に申し訳ありません<(_ _)>

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、また次のブログ『3歳の自閉症児はディズニーランドを楽しめるのか?【中編】~ゲストアシスタンスカード大活躍!!~』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

 

あと、にほんブログ村のランキングに参加していますので、もしよろしければ読み終わった後に下のバナーをクリックしてもらえると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリック頂くとブログ村のトップページに飛ぶんですが、1日1クリックするとポイントがついてランキングがあがるらしいです。

この頃かなりいい順位を頂いて日々はしゃいでおりますので、宜しければクリックをお願いいたします!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です