特徴・その他

年長さんでも抱っこちゃん〜誰から構わず抱っこを求めている件〜

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日は年長さんになってもまだまだ抱っこちゃんな自閉ちゃんについて書いていきたいと思います。

是非ご覧ください。

抱っこちゃんだよ自閉ちゃん

これまでにも何回も触れてきた話題ですが、自閉ちゃんと言えば

オールウェイズ抱っこちゃん

な抱っこ魔人( ˘•ω•˘ )

そろそろ6歳になる20キロの年長さんにも関わらず、隙あらば抱っこを求め親の腕や腰を破壊しにきます。

もう重いんですよね、本当に(*_*)

私はまだ大丈夫ですが、リャマミは体勢によっては持ち上げるのが厳しくなってきたとのこと。

抱っこに協力してくれるならまだマシなんですが、クマヒロ相手だと何をしても大丈夫だと思うのか、反ったり、跳ねたり、逃げたり、抱っこ状態から他の抱っこに体勢を変えたり、基本やりたい放題ですから余計に重く感じます…もっと親に優しくして欲しいですね。

そんな自閉ちゃんが特に抱っこを求めるのが

階段の上り下り

ロング散歩で歩くのに飽きたとき

といういかにも親がキツそうな状況((+_+))

まぁ、ロング散歩は自閉ちゃんが自発的に行きたがるというより、親が誘って歩くパターンが多いので

『疲れたから抱っこな』

という主張もわかるんですが、階段での抱っこは疲労感&危険性が抜群なのでやめて欲しいところです。

というか、我が家の階段はただでさえ急で油断していると足を滑らせその痛みに悶絶しがちな難所なので、抱っこ状態でこけたら親子共々命の保証はありません…。

また階段の上り下りでは

  • クマヒロとお風呂に入りに行くときはお姫様抱っこ
  • 風呂でにリビングに上がるときは首抱っこ
  • 寝に行くときはノーマル抱っこ
  • その他の場面では前抱っこ

などなどシーンに応じて抱っこを使い分けるなど、抱っこをエンタメとして楽しんでいたりもする自閉ちゃん。

遊びの幅が狭い自閉ちゃんにとってはまだまだ触れ合い遊びが現役ということで、抱っこも貴重な親子一緒にできる遊びなんでしょうね|ω・)

ただエンタメ成分の増加に比例する形で危険度もうなぎのぼりなのが自閉ちゃん流抱っこの恐ろしいところ。

なかでもお姫様抱っこはいきなり階段途中でノーマル抱っこやおんぶに切り替えようと試みることも多く、親への絶対的な信頼感があるのは嬉しいんですがいつか大事故が起こるのではないかと戦々恐々とする日々です。゚(゚´Д`゚)゚。

先生にも抱っこを求めたり

そんな抱っこ魔人な自閉ちゃんですが、抱っこを要求するのは親だけではありません。

というのも、療育センターや民間療育、一時預かり施設の先生にも抱っこしてもらっているらしいんですよね(゜o゜)

先日もリャマミが療育センターに自閉ちゃんを伴って行った際、たまたま担任の先生を見つけた自閉ちゃんが凄い勢いで駆け出し先生の前で

『アッ、アッ』

と控えめな声をあげながら両手を広げて抱っこアピール。

リャマミが止めようとしたのですが先生が

『自閉ちゃん久しぶりだね〜』

と抱っこしてくれ、ご満悦だったそうです。

先生的にもちゃんとお願い出来たらなるべく要求を叶えてあげることでコミュニケーションへの意欲を伸ばすという方針なので、それを良い事に普段の療育のなかでもしょっちゅう抱っこしてもらっているみたいですね( ˘•ω•˘ )

いつまで抱っこか

まだまだ抱っこ全盛期の自閉ちゃんですが、そもそも普通はいつまで抱っこするのかという事を調べたところ、こんな面白いデータが。

抱っこを卒業するタイミングは小学校入学前後の5~6歳頃が多いようですが、一方で7歳以上でも約1/3の子どもが親に抱っこを求めてるんですね(゜o゜)!?

もちろん自閉ちゃんみたいに四六時中抱っこちゃんなわけではないんでしょうが、ちょっと意外なデータです…なんとなく小学校に上がる前にはみんな抱っこ卒業するんだと思ってました。

このデータからすると、まだまだ年長さんになったばかりの自閉ちゃんは抱っこちゃんでもまったく問題なさそうですね!!

リャマミが療育センターの先生に相談した時にも

『あんまり早い段階で抱っこを拒否すると、反動で大きくなってから抱っこちゃんになったりするので、出来るうちに抱っこしておいたほうが良いですよ』

というアドバイスも貰ったようですし、親的に許容できる範囲でちゃんと抱っこしてあげたほうが良さそうです(*^^)v

体格的にリャマミはだんだん抱っこが厳しくなってきているので、リャマミの分まで私が抱っこ係としてスキンシップを頑張りたいと思います!!

そして、年齢二桁になる前には完全に抱っこを無くしたいですね|ω・)

今日の自閉ちゃん

今日の自閉ちゃんはこちら

自閉ちゃんが抱っこを求める瞬間を激写したら、なんか面白い感じになってしまいました( *´艸`)

ちなみに自閉ちゃんが抱っこを求めてきた理由は

抱っこされた状態で飛び石を渡りたい

という絶対途中で親子ともどもバランスを崩して川に落ちるパターンを要求してのもの。

自閉ちゃん的には

『抱っこは絶対安全。抱っこの時は何してもセーフ』

という謎の信頼感があるようですが、自閉ちゃんの体重で激しく動き回ると私でもぐらつくことがあるので、抱っこを諦めろとは言いませんがそろそろ大人しく抱っこされることを覚えてほしいと感じた今日この頃です(・´з`・)

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログ『激しく転倒して顔面をすりむいた件~ムーンスターを試したい~』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です