療育

親子通園卒業と今後の進路について

こんにちは、クマヒロです。

今日は自閉ちゃんの今後の進路について書きたいと思います。

是非ご覧ください!!

療育センター

3月といえば卒業シーズン。

我が家の近くにある小学校でも先日卒業式が行われていたようで、正門の前で写真を撮っている親子の姿があったのですが、それを見て

『自閉ちゃんもいつか卒業式とかにでる日がくるのかな…っていうか、その時までに写真撮る時にじっとしてられるようになるといいなぁ(・´з`・)』

などと少し自閉ちゃんの将来に想いをはせたりしていました。

ちなみに自閉ちゃんは幼稚園でいうと年少から年中にあがる年齢。

本来であればただ学年が上がるだけで卒業とは無縁なんですが、自閉ちゃんが通っている療育センターは幼稚園や保育園とは少しシステムが違います。

年少から年中に上がる年齢の時に親同伴の有無』『通う日数』が変わるんですよね。

自閉がいま通っているのは『週2回親同伴』で通う通称『親子通園』

そう、これまでリャマミは週2回朝から自閉ちゃんと一緒にバスに揺られセンターに向かい、活動の時には後ろで控えて時には温かく見守り、時には上手くいかない自閉ちゃんをサポートし、また時にはかんしゃくを起こした自閉ちゃんの激しい攻撃をくらいながらもちゃんと療育に参加するように促すなど、親子二人三脚で1年過ごしたんです…ナイスファイトリャマミ٩( ”ω” )و

そんな『親子通園』も3月で終了。

4月からは『週5回子ども一人』で通う通称『単独通園』クラスに進むことになります。

自閉ちゃんが生まれてから約5年…遂に独り立ちの時です!!

来る日も来る日も自閉ちゃんと共に療育に参加していたリャマミもようやく解放。

本当にお疲れ様です(´;ω;`)

それぞれの進路

『親子通園』が終わり『単独通園』が始まるというと

『お友達もみんなエスカレーター式で単独通園に進むのかな?』

と思われるかもしれませんが、実際に単独通園に進むのは半分程度。

  • 幼稚園や保育園だけに通ったり
  • 幼稚園などに通いながら週何回かセンターで活動する『並行通園』クラスに進んだり

子どもの成長度合いや教育方針、家の都合、また療育センターの受け入れ枠の都合もあり、それぞれの進路を歩むことになります…少し寂しいですね((+_+))

自閉ちゃんが2歳半の頃から療育センターや訓練会でずっと一緒だった女の子がいるんですが、リャマミがそのママに聞いたところによると

『なんで4月から自閉ちゃんと違うクラスになるの??』

『一緒に通えないの??』

と寂しがってくれているらしいんです。

これまで一緒の道を歩んできましたからね…これからも一緒なんだと思っても不思議ではないです。

ただそれ以上に

  • 喋れないのに奇声はうるさく
  • かんしゃくを起こせばずっと泣きわめき活動に参加できず
  • 声をかけられてもオール無視系男子

こんな自閉ちゃんでも一緒にいたいと思ってくれる事が嬉しいですね( ノД`)

正直、自閉ちゃん自身がどこまでお友達を意識しているのかは分かりません( ˘•ω•˘ )

見知った顔があると上機嫌だったり、はしゃいで近寄ってみたり、カルガモの親子のように後をついていったり、なんとなく側で遊んでにいることは多いみたいですが、それ自体どんな意味があるかは不明ですし、自閉ちゃんが一緒にいる子達をお友達だと思っているだろうというのは、親による想像の世界の話でしかありません。

それでも、お友達の心のなかには確かに自閉ちゃんの存在があると思うと、自閉ちゃんにも自閉ちゃんの社会があって、自閉ちゃんを友達だと思ってくれる子がいて、そうやって親から離れた自閉ちゃん自身の人生が形作られ、歩み始めているんだなと嬉しい気持ちになります(*^^)v

療育センターや訓練会に通った事で

  • 日々劇的な進化があって
  • どんどん成長してビックリした

というような事は正直なところありません。

出来ることが増えたかと思えば、出来ない事も増えたり、精神的に成長したかと思えば、かんしゃくだらけの赤ちゃん状態に戻ったり、成長は常に行ったり来たりで見ている親はハラハラドキドキ(・´з`・)

時には

『これって通ってる意味があるのかな??』

と思った時期もありました。

しかし、今になってみると、お友達と過ごしたたくさんの時間は自閉ちゃんのなかに確実に社会性を育み、これから歩む長い人生の土台となってくれたのだと確信できます(^^)

まだこれからも療育は続いていきますが、これからもたくさんのお友達を触れ合い、多くの事を学んでいってほしいですね( *´艸`)

親子通園お別れ会

最後に親子通園のお別れ会の内容を少し。

先ほど書いたように、親子通園が終わると一緒のクラスだった子たちはそれぞれの進路を歩み始めます。

そこで『卒業式』こそありませんが『お別れ会』というイベントがあり

  • 思い出のスライドショーを見たり
  • これまでの活動の様子をまとめたアルバムを貰ったり
  • 先生からの贈る言葉があったり

かなり感動的な内容だったそう。

これは通常の活動のなかでのイベントであるため参加したのはママだけなんですが、1人1人名前を呼ばれアルバムを貰いに行く子どもを見て涙ぐむ姿も。

ちなみに自閉ちゃんも名前を呼ばれたらちゃんと前に出て、1人でアルバムをゲットしたんですが、リャマミのもとに戻るなりそれを

『そぉい!!』

と放り投げ、その後は大かんしゃくを起こしリャマミは泣くどころではない状態に( ノД`)

いつもと流れが違ったせいでパニックになっちゃったみたいですね…最後まで自閉ちゃんらしいというか何というか( ˘•ω•˘ )

単独通園の最後にはちゃんとした卒業式があるとのことなので、それまでに流れが違ってもしっかり参加できるようにしとかないとですね!!

今日の自閉ちゃん

今日の自閉ちゃんはコチラ!!

お散歩中の自閉ちゃん&リャマミwith満開の桜( *´艸`)

これは河津桜で合ってますかね??

リャマミのモザイクを取ると、リャマミの背中から桜の羽がはえているみたいで凄く映える写真なんですが、怒られそうなんでいつもより多めに隠してみました。

そろそろお花見の季節という事で、今年も『花と自閉ちゃん』シリーズの写真が多くなるかと思いますが、ご容赦ください(^^)

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログ『こどもちゃれんじに入会しました〜ぷちとぽけっと体験記〜』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です