おでかけ

おかあさんといっしょ事件、スペステがトラウマだよ自閉ちゃん!~自閉症児はコンサートを楽しめるのか~

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日は我が家の3大トラウマの一つ『おかあさんといっしょスペシャルステージ』での惨劇について書いていきたいと思います。

自閉ちゃんが2歳3ヶ月の頃の話にはなりますが、是非ご覧ください!!

おかあさんといっしょスペシャルステージ

前回のブログ『自閉症児のテレビ事情~1日中おかあさんといっしょをリピートするよ自閉ちゃん~』でも書きましたが、自閉ちゃんは昔からおかあさんといっしょ(長いんでこの後は『おかいつ』って書きます)が大好き

そして毎日おかいつを半強制的に視聴することになったリャマミや私も次第におかいつワールドにハマっていき、NHKで放送されるファミリーコンサートからスペシャルステージ、正月や夏休み特集などの特別なものから通常回まで録画して、毎日見返す熱心な信者になっていきました。

特に自閉ちゃん2歳前後の頃は我が家のおかいつブーム最盛期で、数週間分の通常回を毎日繰り返し視聴するという狂気に満ちた生活をしていました。

この頃は自閉ちゃんが就寝後の私とリャマミの日常会話にも『新しいミュージッククリップあつこお姉さんの調子良かったね』『今日のガラピコプーは神回だった』『ブンバボーンひさしぶりにフラミンゴじゃなくてフラメンコだったよ!!』などのおかいつトークが頻繁に登場し、とにかく我が家はおかいつ教に洗脳されていたといっても過言ではありませんでした…まぁ今でも結構話題に出してるんで洗脳解けてないんですがね|ω・)

さて、そんな我が家で出る話題として

  • 3歳になったらスタジオ観劇応募したいね
  • ファミリーコンサート見に行きたいね
  • スペシャルステージ見に行きたいね

というものがありました。

我が家に限らず、子育てされているお家なら結構出る話題かもしれないですね。特にスタジオ観劇は映像に残るので、我が子の思い出の1ページになりますしね(^^)

ただどれもこれも倍率が高い狭き門。

スタジオ観劇は一年間応募し続けても全然当たらないらしいですし、ファミコンやスペステもチケット入手はなかなか困難です。

ちなみにファミコンとスペステの違いはこんな感じです。

  • ファミコン=NHKホールとか地方の音楽ホールでやるやつ
  • スペステ=さいたまスーパーアリーナや横浜アリーナでやるやつ

ファミコンはしっかりと席に座ってないと目立ちそうですが、スペステはだだっ広い空間でやる分少し暴れてても目立たなそうですね。

この頃はまだ自閉症の診断が下りていないグレーちゃんだったこともあって、人が多くてもある程度なんとかなるだろうという希望的観測もありました…甘かったですが((+_+))

その考えはリャマミも同じだったようで、いつしか我が家では

『自閉ちゃんも2歳になったし、おかいつ大好きだし、スペステなら楽しめそうじゃない?』『ものは試しだし一回行ってみようよ!!』

という会話が頻繁にされるようになりました。

そんな安易な考えでチケット購入にチャレンジしたところ、運がイイ事に1回目で購入に成功!!ちなみに観にいったのはこのスペステです↓↓

2歳3か月の自閉ちゃんは生まれて初めてコンサートにチャレンジすることになりました!!

果たして、自閉ちゃんは大人しくスペステを見られるのか?クマヒロやリャマミは無事帰宅できるのか?

結果はなんとなく分かりきっていますが、簡単に当時の様子をまとめてみます。

車でさいたまスーパーアリーナへ

我が家から会場のさいたまスーパーアリーナまでは車で1時間。

午後からの回だったので、10時頃に出発します。

自閉ちゃんは昔から車移動なら何時間でも大丈夫なイイ子なので、行きは悠々自適。

『最初にぬいぐるみの前で写真撮ろうよ』『チョロミーとムームーどっちのぬいるぐみ買おうか?』

などと呑気な会話をしつつ車内もまったりムード…この後おこる惨劇の気配は微塵も感じさせません。

会場近くの商業施設に車を止め、まずはランチタイム。

この時の自閉ちゃんはまだマックポテトが食べられなかったので、お昼は持参した白米とふりかけ。箸を持って待ち構えます!!(使うわけではない)

私とリャマミはしっかりとフードコートのラーメンやうどんを注文…周りから見ると、子どもの分だけケチるダメ親な雰囲気が漂いますが、自閉症児の親は基本空気を読んだら負けなので、冷たい視線は気合でブロックします。

開場到着&写真撮影

軽くランチを済ませると徒歩で会場へ向かいます。

20分近く歩くのでベビーカー持参ですが、自閉ちゃんはこの頃から良く歩くのでほとんど出番なく会場に到着…しましたが、会場近くに来て少し自閉ちゃんの様子がおかしくなってきました。

なんか、落ち着かないというか…いつも行かない場所に来て興奮している感じです。とりあえず落ち着けるために心のふるさとベビーカーに収納して写真撮影。

なんか態度がでかいですね、自閉ちゃん(^^)

会場前でもパチリ。

自閉ちゃんもいつも見ている『おかいつ』や『おとうさんといっしょ』のキャラを見つけ興奮気味…いや、なんか興奮しすぎです。

ロングトーンの大声こそ出さないものの、小刻みに『アーッ!』と鋭い声を出し、さっさと行くぞという指示を出してきます。

ここの他にもガラピコプーのキャラと一緒に写真を撮ることが出来るスペースもありますが、かなり雲行きが怪しくなってきたので、後回しにしてとりあえず会場に入ります!!

叫びながら走り回るよ自閉ちゃん

さいたまスーパーアリーナ内に入ったものの、事前の作戦はなるべく席に座っている時間を短くしようというもの。

  • 開演直前に席に着く
  • 自閉ちゃんが騒ぎ出す前に歌が始まる
  • 歌に聞き入る自閉ちゃん、楽しむクマヒロ&リャマミ
  • 大満足のうちに終演
  • 上機嫌なままガラピコプーと写真撮影
  • ご機嫌でお家へ

こういった完璧な作戦があるので、何とか間を持たせようと通路を散歩しますが、もう明らかに自閉ちゃんがおかしいです(´;ω;`)

『アーーーーッ!!!』

大声を出しながら、人混みを選んで体当たりするように走り回り、それを制止しようとしても爆笑するばかりで効果がありません。

ヤバいです、明らかに狂乱モードに入ってます。

これは人混みに酔っているに違いないと判断した私とリャマミは、奥の人気のない所まで自閉ちゃんを誘導しますが、寂し気な雰囲気が気に入らないのか、あえて人混みまで走って戻り、大声で叫び壁をバンバン叩く自閉ちゃん。

子どもばかりが集まる空間にあっても明らかに異質な行動を取る自閉ちゃんに、周囲の注目が集まります。

それを何とか抱っこで抑えつける私とリャマミ。

『これはもしかしたら席で大人しくしてられないかも…』

徐々に暗雲がたちこめるなか、とうとう開演の時間がきました。

会場にいるだけで限界だよ自閉ちゃん

通路で粘りに粘ってなんとか開演10分前まで耐えた自閉ちゃん一行。

作戦通りギリギリの時間に席に着くことが出来ました。

後はどうにか開演まで自閉ちゃんを席に座らせるだけ…

座りません( ノД`)

『いいから座って』と半ば懇願するように言い聞かせるリャマミを真顔で無視し、何回座らせても椅子の上に立ち上がる自閉ちゃん。

騒ぐわけでもなく、ただ機械のように何回でも立ち上がります。

靴を脱がせる、ひざの上に乗せる、抱きかかえてみる、水を飲ませる、パンフレットを渡してみる、おもちゃを与える…ありとあらゆる可能性を試してみますが、全てを完全に無視し何かに憑りつかれたかのように立ち上がる自閉ちゃん。

ボルテージが高まってきたのか、それとも会場の薄暗い雰囲気が怖いのか、次第に叫び声とも泣き声ともつかない大声を出し始めます…これはもうダメみたいですね((+_+))

全てを諦め席をたつクマヒロとリャマミ。

リャマミの抱っこで入り口近くに行くと、少し落ち着く自閉ちゃん…ひょっとしてこの状態なら見られる!?

急いで係の人を捕まえ

『うちの子座ってられないんですけど、入り口の邪魔にならないところで立って見てていいですか?』

と確認したところ、まさかのOK。

半ば放心状態で入り口付近に立ち、開演を待ちます。

いよいよ歌が始まり、次々と自閉ちゃんお気に入りの曲が流れますが、完璧に心を閉ざした自閉ちゃんはその様子を見ることもなく、ひたすらリャマミにしがみつきます。

会場では自閉ちゃんより遥かに小さい子たちが、当たり前のように座って大人しく歌に聞き入っています。

その様子に落ち込む私とリャマミ。

そのうち自閉ちゃんが泣き疲れて眠りにつき、ようやく抱っこをリャマミから交代し、音楽に聞き入ります。

途中だいすけお兄さんが『かぞえ天狗』としてサプライズで登場したり、色々ありましたが、正直あまり良く覚えてません…それくらい自閉ちゃんが普通の子と違うことがはっきり分かったのがショックだったんです(´;ω;`)

コンサート中ずっと他の子の様子を追いかけていましたが、会場に集まる数千人の子どものうち、席に座れていない子はおそらく10人にも満たない数。

その子たちも機嫌が直ったのか、途中席に戻っていったりします。

当然走り回ったり、椅子の上にたつような子は一人も確認できません…やはり自閉ちゃんは普通じゃないんだな

それまで半ば気づきつつ目をそらしていた現実にドッと落ち込む私とリャマミ

コンサートが終わり会場を出て、こんな所に自閉ちゃんを連れてきて申し訳ないなという気持ちになりましたが、落ち込んでばかりもいられません。

最後の関門ガラピコプーとの写真撮影が待っています。

阿鼻叫喚の地獄絵図

会場を出てすぐに写真撮影場所に向かう自閉ちゃん一行。

少しでも落ち着けるためベビーカーに乗せて移動しますが、もはや自閉ちゃんのご機嫌は過去最悪なレベル。

並んでいるだけで号泣&号泣で手が付けられません。

もう抱っこしかない!!

仕方なく抱きかかえると、手に感じる確かな湿り気…漏らしてる(´;ω;`)

嬉ションならぬ悲ションを繰り返していたようで、滅多に漏らしたことがないのにこのタイミングでズボンがぐっしょり…ですが着替える場所も時間もありません!!

『もうどうにでもなーれ』という半ばやけくそな気分でとりあえず証拠写真としての写真撮影に臨みます。

写真撮影となりいよいよ狂乱状態で超号泣する自閉ちゃん。

おろおろする写真撮影係の若いお姉さん。

『この子は大丈夫です』とよく分からないゴーサインを出すクマヒロ。

そして撮られたのが上の写真です。

もう原型が分からないほど顔をクシャクシャにして泣き叫んでますね、見返してみてビックリしました(*_*)

逃げ去るように今度こそ会場を後にする自閉ちゃん一行。

以上が楽しみにしていた『おかあさんといっしょスペシャルステージ』の顛末です。

まとめ

自閉症児はコンサートを楽しめるか?
  • たぶんムリ
  • 少なくとも2歳はムリ
  • やっぱり絶対ムリ
  • もし行くなら見れなくてもいいよ!という精神で

こんな感じですかね…ごめんなさい、やっぱり自閉ちゃんが特別ダメだっただけだと思います(´;ω;`)

『大人しい系の自閉症児の子はコンサート大丈夫だよ!』という未確認情報もありますし、自閉ちゃん的ワチャワチャ系男子もその日の気分によってもかなり左右されるので、結局行ってみないと分からないのが難しい所ですね。

ひとつ言えるのは、もし全く見れず帰ることになってショックを受けても『自閉症児の子は結構そんな子が多いらしいので気にしない方がイイですよ!』ということくらいですね…たいして参考にならなくてすいません((+_+))

ちなみにこっそり戦利品としてゲットしたシュッシュの風船はしばらく自閉ちゃんの宝物になってました!!悪い事ばかりではないですね。

そういう意味ではこれからの課題や自閉ちゃんの傾向も理解できましたし、貴重な体験やイイ思い出もできたので、スペステ行ってみて良かったです(^^)

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは、また次のブログ『はじめての家族参観~預かり型民間療育はどんな事をやっているのか~』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です