子育て日記

病のリャマミと悪魔な自閉ちゃん〜親が体調不良とかわからないのかもと思った話〜

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日はリャマミが風邪を引いて寝込んでいた時の話を書いていきたいと思います!!

是非ご覧ください!!

リャマミダウンする

いきなりですが、リャマミがかなり厄介な風邪をひきダウンしました(ノД`)

我が家の健康度ランキング的には

  1. リャマミ(超丈夫)
  2. 自閉ちゃん(丈夫…但し体調が悪い事に気づいてないだけという噂も)
  3. クマヒロ(プチ虚弱)

こんな感じで、リャマミを頂点とした健康優良児ピラミッドが形成さてていたんですが、ここ1年くらいリャマミの風邪率が上がってきている気がします…これはストレスの影響だったりするんですかね??

やっぱりいくら可愛い我が子とは言っても、自閉ちゃんを一人で見るのは相当なダメージ…負担が大きくて申し訳ない(´;ω;`)

そんな体調不良なリャマミですが、今回の風邪は派手に咳が出るタイプ

咳が酷くないうちは頑張って療育に行っていたんですが、咳が酷くなってきたためほぼ皆勤賞な出席率を誇る訓練会も休む事に…。

本当ならここでクマヒロが会社を休んでリャマミの看病と自閉ちゃんの面倒を見られたら良かったんですが、ちょうど今仕事が繁忙期のため休めず…。

自閉ちゃんという狂犬を弱ったリャマミが1人家でみることに。

これは波乱の予感がします(*_*)

はたして、病床のリャマミは無事自閉ちゃんと過ごせたのでしょうか!?

ママを気遣う4歳児

早速自閉ちゃんとリャマミの様子を書きたい…と思うんですが、その前に単純な疑問として親が弱ってる時に普通の4歳児ならどういう反応をするんでしょうか??

うーん、自閉ちゃんが二人目とかなら比較もできるんですが、一人っ子な我が家的には普通の子の水準が想像つかないんですよね(・´з`・)

唯一ヒントがあるとすれば、前にリャマミが他のママに聞いた体調不良エピソードくらいです。

どんな話かというと、二人目を妊娠していてつわりが酷かったそのママが4歳の息子君に

『ママつわりが酷くて大変だからゴロンしてていい??』

と言うと『いいよ』と言って一緒にお昼寝をしてくれたり、気遣ってお手伝いしてくれたとのこと。

4歳児ってけっこう賢くて優しいんですね(゜o゜)

これは『お手伝いの天才』と呼ばれる自閉ちゃんも期待できそうですね…ひょっとしたら

『寝込んでるリャマミを元気づけるために冷蔵庫から食べ物を持ってくる』

とかしてくれたりするかもしれません|ω・)

リャマミに寄り添う自閉ちゃん

では、他の子のパターンを確認したところで、我らが自閉ちゃんの様子をリャマミ視点で見てみましょう!!

体調不良で寝込むリャマミ。

仰向けに寝転ぶと咳が止まらなくなってしまうため、呼吸がしやすいよう横向きに寝転んで身体を休めます。

そんな状況のなか他のママから聞いたパターンを試してみようと

『一緒にゴロンしようよ〜』

と自閉ちゃんを誘ってみると

『わかったぜ!!』

といった感じで素直に一緒に寝てくれます

リャマミの体の上に( ノД`)

なんか棒のようなポーズでリャマミに重なるようにゴロンとする…というかまんまリャマミに覆いかぶさるように乗っかる自閉ちゃん。

前の写真の使いまわしですが、こんな感じで体重をかけてきます。

何となく想像つくと思いますが

これとにかく重い&横向きに寝てると骨とか当たりまくってかなり痛いです

この状態で覆いかぶさりながらグリグリ動いてくるので、リャマミの腰骨とか当たって自閉ちゃんも痛いと思うんですが、自閉ちゃん特有の象の皮膚のような痛覚の鈍さでダメージを受けるのはリャマミだけという悲惨な構図に。

愛情表現と思えば、他の子とあってる行動のベクトルは間違ってはないのかもしれないですが、なんか違うような…((+_+))

その後もリャマミの体調おかまい無しにガンガン絡んでいく自閉ちゃん。

絶え間ない絡み(暴行)に次第にリャマミも苛立ちはじめ

『ママつらいんだからほっといてよ!!』

と凄むと

声も上げずにジト目でリャマミを睨みつける自閉ちゃん。

恐らくメチャクチャ不満なんだと思うんですが、言葉で反論できないぶん

目と眉間の皺で威嚇してきます

…顔文字にするとこんな顔です( ˘•ω•˘ )

煽るような絶妙に腹が立つ顔してくるんですよね。

おそらく自閉ちゃん的には

『いつも元気なリャマミが寝込んでるのが嫌!!』

…というかリャマミが寝込んでいる状況が理解できなくて困惑しているんだと思います。

『いつもどおりでいろよ!!』

ということなんでしょうね…やっぱり自閉ちゃんに体調不良の概念はなさそうです( ..)φメモメモ

体調不良が分からないのかな…

『自閉ちゃんリャマミの体調不良気づいてない説』がもっともあらわれたのが、リャマミが咳き込み過ぎて吐いてしまった時の出来事。

キッチンシンクに顔をうずめるように激しく咳き込むリャマミの様子が気になったのか、カウンターキッチンの上に腰かけ遠巻きに見つめる自閉ちゃん。

ここで頭をなでてくれたり、身体をさすってくれたりすると、自閉ちゃんも分かってくれてるんだなとなるんですが、我らが自閉ちゃんが取った行動は

『なにやってんだよ、顔上げろよ!!』

といわんばかりに

髪を掴んで思い切り引っ張り上げます

輩ですか( ノД`)

いや、自閉ちゃん的には悪意なく

『ママ大丈夫?顔見せて??』

という意味をこめてやってるのかもしれませんが、超絶真顔&やり方が野蛮すぎてヤクザが因縁をつけてきているようにしかみえません。

…しかもその後も『アーッ!!』とリャマミに指示だしの大声をだしていたみたいなので、やっぱりキッチンシンクで吐いてるという行為の意味が分からずパニックを起こしてたみたいですね。

自閉ちゃんが体調不良を理解するのはまだ難しいみたいです(´;ω;`)

リャマミ復活中

ここ1週間風邪のなか自閉ちゃんの猛攻をくらい体調が悪化する一途だったリャマミですが、金曜午前中クマヒロが休みを取れた関係でようやく病院に行くことができ、大量に薬をゲットできた効果かようやく快方にむかいだしました。

自閉ちゃんがいると病院に行くことも難しいので、このあたり夫婦でうまく協力するしかないですね…こういう時、どちらかの実家が近ければと思いますね((+_+))

今後も夫婦どちらかが体調を崩すことはあるでしょうし、そんな時に自閉ちゃんが

『なんか様子が変だから今日は大人しくしてやるか』

と雰囲気だけでも感じてもらえるよう『風邪』『疲れた』などキーワードを絞って自閉ちゃんの理解を促す必要がありそうです(・´з`・)

真の意味で自閉ちゃんが体調不良を理解し、リャマミやクマヒロをいたわってくれる日が来ることを夢見て今日のブログを終わりたいと思います(^^)

最後にかわいい自閉ちゃんをどうぞ

今日の自閉ちゃんは昔のカワイイ写真から2枚をセレクト!!

リャマミと一緒でゴキゲンな1歳ちょっとの自閉ちゃんと

今でもたまにやるストッパー舐めの自閉ちゃんです…目は目線隠していないですけど、誰だわからないからOKということで( *´艸`)

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログ『超絶情緒不安定で怖すぎる話~スケジュールとルーティン崩れの影響かも~』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です