民間預かり型

ヒジが抜けると可愛くなるよ自閉ちゃん〜肘内障は癖になる〜

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日はまたまた肘内障になった自閉ちゃんの様子について書きたいと思います!!

是非ご覧ください!!

半年ぶり10回目くらいの肘内障

先日の話ですが自閉ちゃんのヒジがまたまた抜けました。

いつもと同じく右手のヒジです。

肘内障ですね( ˘•ω•˘ )

肘内障については前にもブログにしてますし、もはや恒例行事な雰囲気すらありますが、なった場所は預かり型民間療育施設で、抜けた原因は鉄棒とのこと。

どういう流れかというと、まず自閉ちゃんが公園で箱型のブランコの後ろからよじ登って、グルンと回転して着地するという、イメージするだけで危なそうな遊びをしてたらしいんですよね…。

そこで、怪我をするための前振りのような遊び方を見た職員さんが

『危ないわ〜、これ絶対頭から落ちて怪我して大号泣するやつだわ〜』

と思ったのか、危険な行動が取れない鉄棒に誘導してくれたんですが、何かの拍子で運悪くヒジが抜けてしまったようです。

むしろブランコ回転着地遊びのときに地面に手をついた反動で抜けてしまった疑惑もありますが、肘内障になるタイミングは結構謎なので真の原因は分かりませんね。

…しかし、ホント肘内障が癖になってるな(*´꒳`*)

肘内障になると可愛くなるよ自閉ちゃん

肘内障になったタイミングが帰るちょっと前だったので、普通にバスで民間預かり型療育から帰還した自閉ちゃん。

前も書きましたが、肘内障は動かさない限りは痛くないらしく、自閉ちゃんに限って言えば何故かむしろ上機嫌になる傾向があります。

機嫌が良くなる理由はまったく不明ですが、意識がヒジに集中することで余計な情報が入らなくなって過ごしやすいとかあるんですかね??

謎です(・´з`・)

ただ、肘が抜けると片手が丸々使えなくなるので不便なことも事実。

いつもは1人でよじ登る子供用のダイニングチェアも、登ろうとチャレンジはするものの、さすがに片手では登れません。

自閉ちゃんの利き手は右手なので、それもあいまっていつもより5割増しで不器用になってる感じです。

こんな時いつもなら

『ちょっと何ぐずぐずしてんの、登れないんだけど!?早くアシストして!!はよはよ!!』

という感じで腕をブンブン振り回しながら親に指さしをして、自分の要求が通るまで『アーッ!!アーッ!!』と大音量で叫び続けるんですが

肘内障のときはトコトコと近くまで来て

『いまヒジ痛くて登れないから、ちょっと手伝ってもらっていい??』

という感じで、穏やかな声で『アー』とお願いするだけ。

可愛い( *´艸`)

しかも、抱っこしてイスに座らせると

『ありがとう、ホント助かったわ〜。ほら、右手が動かないからさ』

といった感じの右手をアピールしながら照れたような笑顔。

可愛い٩( ”ω” )و

あれ??

なんか肘内障って自閉症児を良い子にする効果あったします??

これは『肘内障で治る自閉症』って本だしたらベストセラー行けるかもですね…その前に大炎上しそうですが|ω・)

おそらく肘内障になると自分で出来ることが少なくなるので

  1. 大人しくなる
  2. 親に素直に助けを求めるようになる
  3. 結果的に可愛くなる

という感じだと思うんですが、こうも大人しくなるなら週に1日くらい自主的にこのモードに入ってくれないですかね。

整形外科ですぐ治るよ肘内障

いつまでも大人しくて可愛い自閉ちゃんを見ていると

『このまま肘内障のままでも構わないのでは??』

という感情が芽生えかねないので、午後の診療に行くことに。

自閉ちゃんと病院というと、通常であれば行くたびに心労で1週間分の寿命が奪われる超ストレススポットなんですが、肘内障の時の自閉ちゃんはとにかく上機嫌&素直!!

まぁ、上機嫌だろうが自閉ちゃんは自閉ちゃんなのでうるさくはあるんですが『ちょっと横着な子』程度まで劇的に大人しくなります(^^)

この日も待合の椅子でゴロゴロと転がりながらキャッキャキャッキャしています。

可愛い(*^^)v

ただ、そんな可愛いタイムも整形外科の先生により終焉を迎えます。

『前回から半年ぶりの肘内障ですね~、じゃあ入れますね~』

という感じで10秒程度でヒジをはめてもらうと、家に帰ってから右手が動くことを確認した自閉ちゃんは一瞬にして態度が豹変。

『オラオラ、さっさとご飯用意しろよ!!』

とジャイアニズム全開でリャマミをバンバン叩きます…返して、さっきまでの可愛い自閉ちゃんを返して( ノД`)

なんでヒジが抜けたか論争

これは後日の話なんですが、リャマミが療育センターで自閉ちゃんのヒジが抜けた事を話したところ

『もし本当に鉄棒でヒジが抜けたなら、今後ぶら下がる系の活動を控えるので、預かり型民間療育の人に詳しく聞いてもらっていいですか??』

とめんどくさすぎるミッションが課せられました(´;ω;`)

まぁ確かに整形外科の先生も

『鉄棒で抜けたんですか??手を着いたときとかじゃなくて??』

とバリバリ疑ってましたし、私やリャマミ的にも

『おそらく他のタイミングで抜けてたの気がつかなくて、鉄棒の活動の時に気づいただけ説』

を唱えているんですが、何回も謝罪してきてくれてる職員の人にあらためて正面きって『ヒジ抜けた理由教えて』って聞きづらいですよね…ほら今後のお付き合いもありますし((+_+))

これがコペルプラスみたいなキングオブ微妙なところならともかく、いま通ってる預かり型民間療育施設は放課後デイサービスもやってるので、今後10年近くにわたってお世話になる可能性がある我が家の生命線のひとつ。

あまり角がたたないよう理由を探ってみますが、こういう公的療育と民間療育の板ばさみ的なことはちょくちょく起こるので、うかつに色々言えないのが怖い所ですね(*_*)

今日の自閉ちゃん

今日の自閉ちゃんはこちら!!

近頃泣くときはこんな感じでオイオイと泣きます…可愛い( *´艸`)

これはリャマミが一人でスーパーに買い物に行ったことに気づいて

『裏切られた!!』

というショックから泣いている図ですね。

内またになっている足がキュートです。

泣きながらチラッと周りを確認する自閉ちゃんですが、結局リャマミがいないのでまた泣くの繰り返し…リャマミストーカーもそろそろ治まってくれるといいんですが( ˘•ω•˘ )

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログ『他害の恐怖再び!!他人を叩くよ自閉ちゃん』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です