奇声

アイーッ!!と指さしで全て表現するよ、自閉ちゃん~指さしと奇声と感情表現と~

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日はとうとう『アイーッ!』の一言と指さしで全てを指示することを覚えた自閉ちゃんの様子について書きたいと思います。

是非ご覧ください!

指さし界の帝王

自閉ちゃんはつい最近、たしか4歳近くになるまで指さしが出ていませんでした。

指さしと言えば1歳半検診で出来ていないと引っかかる項目の筆頭。

自閉ちゃんも1歳半検診でバリバリに引っかかったのも最早良い思い出です…まぁ指さしだけでなくすべての項目ひっかかりまくったわけですが((+_+))

普通の子が指さしを始めるようになってから、遅れること2年半~3年くらいといった感じのかなり遅めの成長ではありますが、ようやく『指さし』という感情表現ツールを身に着けた自閉ちゃん。

最初はご飯の時にスタイを指したり、見たいテレビ番組を選んだり、親への簡単で分かりやすい要求だけに使われていましたが、今では『指さし』で全てを表現するようになりました。

本来であれば待ちに待った『指さし』での感情表現ですし、

『自閉ちゃんもようやく指さしができるようになったんだね~』

『色んな事を指さしで表現できて偉いね~』

という感じで喜ぶべきところなんでしょうし、最初はたしかに喜んでたのですが、そこは『リアルジャイアン』こと自閉ちゃん

日を追うごとに『指さし』での表現が横暴さを増し、そこに謎の奇声もあいまって、今では帝王がしもべに命令するような姿勢で『アイーッ!!!』と言いながらビシッと指さしをするようになりました正直ちょっとイラッとします(・´з`・)

ボーズとしてはハリーポッターやヴォルデモートが杖で魔法を使うときの姿勢がイメージ的に近いです、こんな感じ。

このポーズからさらにアゴを上に上げ、指先を下げて、如何にも

『命令を聞くのだ、リャマミよ』

と言い出しそうなヴォルデモート的な雰囲気があると自閉ちゃんの実態に近いです。

やっぱりかなりイラっとしますね(・´з`・)

ちなみにクマヒロのイラッ度合いは30%くらいですが、リャマミのイラッ度合いは130%くらいです。

自閉ちゃんとの生活のおかげでリャマミの怒りの上限は常に100%を超えているようで、この頃イライラが常に限界突破して、今ではMAX200%くらいまで上限枠が拡大されてきました…自閉ちゃんと一緒にいると親の成長につながっていい感じですね(´;ω;`)

自閉ちゃん指さし&アイーッ!!徹底解剖

自閉ちゃんが『指さし』&『アイーッ!!』での感情表現をカテゴリーにするとこんな感じ。

  1. 要求
  2. 指示・命令
  3. 抗議
  4. 威嚇
  5. 雄たけび

①の要求は一番ポピュラーなやつですね。

自閉ちゃんの指さしも最初はこの意味だけでした。

たとえばスタイを指さして『ご飯食べたい』ことを伝える、テレビを指さして『テレビを見たこと』を伝える、というパターンでとても健全な指さしです(^^)

…ここまでは良かったんですよね、ここまでは(ノД`)

②の指示・命令は要求の発展形です。

指さしで要求が通ることを覚えた自閉ちゃんが調子に乗った結果、それまで遠慮がちに『指さしで伝える』というスタイルだったのが、『大声と指さしで指示・命令する』というジャイアンスタイルに変貌。

要求だった頃は伝わらないと『仕方ないな』という感じで自分でやろうと試みたりしていましたが、指示…いや今では100%命令となってからは『何故さっさとやらないのだ、リャマミよ』といった感じで『アイーッ!!アイーッ!!』と何度も何度も大声で指さしをします。

ちなみに『アイーッ!!』の音量は隣同士で話している会話が全く聞こえなくなるレベル。

文字であらわすと

『アイーッ!!』

これ位です。

お店とかで発動すると近くにいる人がビクッとなるので、かなり申し訳ないです(*_*)

しかも命令する内容は多岐にわたり、それにすぐさま対応しないと『スーパーアイーアイータイム』に突入するので、外でやられると周囲の視線がヤバいことになります。

代表的な命令をまとめると

  • 食べ物を指さして『さっさと寄こせ』
  • リモコンを指さして『さっさとテレビつけろ』
  • 帽子を指さして『さっさとお出かけするぞ』
  • 方向を指さして『こっち行くんだよ』
  • トーマスやアンパンマンを指さして『これの名前を言えよ』

こんな感じで、特に最後の名前言えシリーズは意味不明すぎて恐怖です。

パジャマの柄を指さして『アイーッ!!アイーッ!!!』と言いながらキャラの名前を言うまで引き下がらない4歳児…厄介( ノД`)

③の抗議はリャマミに対して発動しやすいです。

例えば

  1. クマヒロが自閉ちゃんを叱る
  2. ビビッてその場から逃亡
  3. 八つ当たりでリャマミに『アイーッ!!』とキレる
  4. 理不尽な出来事にリャマミがキレる
  5. キレたリャマミにクマヒロが恐怖する

という感じです。

完璧な八つ当たりですね(・´з`・)

ちなみにリャマミが叱るとすぐさま『アイーッ!!』と抗議の声をあげたりするので、主なターゲットはリャマミなんでしょうね。

我が家の力関係は

  1. クマヒロ>自閉ちゃん
  2. 自閉ちゃん>リャマミ
  3. リャマミ>クマヒロ

というジャンケン的な関係性なので、自閉ちゃんは基本リャマミにはどこまでも強気です。

④の威嚇はよくわからないタイミングで発動します。

抗議のように何かリアクションとしてやるわけでなく、いきなり『アイーッ!!』と親に指さしをしてくるので、何か言いたいんだと思いますが正直まったく分からないので『どうしたの?』と聞き返すのが精一杯ですね。

ちなみにこの威嚇はクマヒロにもやります…自閉ちゃんはホントに良く分からない(*_*)

⑤の雄たけびは威嚇を私やリャマミではなく良く分からない方向にやるバージョンです。

多分叫びたいだけだと思います。

それにバリューセットとして指さしもサービスみたいな…自閉ちゃんも粋なサービスしてくれますね、一切いらないですけど!!

⑥の謎はホントに何か主張してるけど一切意図が伝わらないパターンです。

抗議や威嚇や雄たけびはほっとくとすぐ治まるので、要求か命令だとは思うんですが、全く分からず対応できないので号泣に発展することが多いです…でも、分からないものは分からないから仕方ない(・´з`・)

喋ればいいのにと思ったり

前々回『出して』という言葉をしゃべったというので、家で何回か実験してみたものの全く喋らない自閉ちゃん。

指さし能力ばかりがドンドン発達してますが、親的には『喋った方が早くない??』という気持ちになってきますね…まぁそれが出来ないからこその自閉ちゃんなんでしょうが(*_*)

今日親子3人で出かけた際『アイーアイーフェスティバル』が開催され、大いに視線を集めていた自閉ちゃん。

喋って教えてくれれば、自閉ちゃんの嫌なところはなるべく行かないし、要求も出来るだけかなえようとは思うんですが、それに自閉ちゃんが気づいてくれるまで、まだまだ時間がかかりそうです|ω・)

手足口病の様子

最後に手足口病ですが順調に発疹が広がってます(*_*)

ただ水泡にまではなってないのと、何より今のところクマヒロにもリャマミにも症状が出てないので、このまま平和に終わることを祈ってます。

リャマミ的には私が手足口病になるだろうと予想しているようなので、その予想をはずしたいですね…来週実家帰りますし(・´з`・)

まとめ

指さし界の帝王 自閉ちゃんの実態
  • 4歳近くになって始めた指さしでの表現が近頃多彩に
  • 指さし&アイーッ!!がちょっとイラっとする
  • 信じられないほどアイーッ!!がうるさいので外出が恐怖
  • 喋るまでまだまだ時間がかかりそう…っていうかいつか喋るのだろうか

今日のところはこんな感じです!!

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは、また次のブログ『号泣するまで叱ってみた〜何でも投げる問題対策〜』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です