奇声

うるさすぎるよ自閉ちゃん~4歳自閉症児の奇声、騒音問題~

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日は自閉ちゃんの奇声問題について書きたいと思います。

ちなみに1ヶ月位前のブログでいつか載せると言っていた『ねむねむずハイになって凄いことになってる自閉ちゃんボイス』『テンション高めの自閉ちゃんボイス』を音声ファイルとして載せてみましたので、是非ご覧ください。

自閉ちゃんのお喋り事情

自閉ちゃんのお喋り事情についてはこれまでも何回も触れてきたので、詳しくは『言葉が消えるよ自閉ちゃん~ひょっとして折れ線型自閉症?~』をご覧いただきたいんですが、久しぶりなので簡単なまとめだけ書くと

  • 4歳だけど単語は『イヤーー!!』だけ(しかも、この頃消失気味( ノД`))
  • お喋りというか独り言オンリー
  • 基本ちょこまか移動しながらずっと絶叫している
  • ヤバいうるさい、死ぬほどうるさい、もはや公害レベルにうるさい

1か月前からさらに状況は悪化して、現在はこんな状況になっています!!

『環境が変わって3ヶ月位すれば落ち着くはず』との予測はなんだったのか(´;ω;`)

そろそろ環境に適応したはずなんですけどね…なぜかうるささは明らかに加速しています。

前までは『凄くうるさい子』だったのが『うるさすぎてヤバい子』にプチ進化した感じですね(・´з`・)

これまでの『スゴイね』という反応から『やばいね』『大丈夫?』に周りのリアクションが変わってきているので、今日はその辺りを書いていきたいと思います。

自閉ちゃんがうるさすぎてリャマミが心配されている件

自閉ちゃんは現在療育のため3カ所の施設に通っています。

  1. 療育センター
  2. 訓練会
  3. 預かり型民間療育

公的療育機関である療育センターの職員さんは当然ですが、訓練会のボランティアさんや預かり型民間療育の職員さんも日頃数多くの自閉症児と接している『自閉症児マスター』ばかり。並大抵の自閉症児には動じません。

しかし、そんな3施設すべてで近頃

『自閉ちゃんって家でもこんなにうるさいの?』

『家で見ててツラくない?』

『リャマミちゃんと寝れてる?』

『子育てホットライン教えるから、気軽にかけてね』

明らかにリャマミの精神状態を心配されるほど、自閉ちゃんは各所で強いインパクトを残している模様。

我が家では自閉症児を

  1. スーパースター系=元気で活発なタイプ
  2. フェアリー系=物静かで大人しいタイプ

の2つに区分して『自閉ちゃんはスーパースター系だよね』『〇〇ちゃんはフェアリー系だよね』とよく話していますが、自閉ちゃんはスーパースターの中でも一段と光り輝くトップスターの資質があるようですね…嬉しくはないですが( ノД`)

リャマミはうるささに耐えられているのか?

自閉ちゃんの奇声問題で色々な人から心配されているリャマミ。

『子育てホットライン』を勧められたときは『私ってそんなにヤバそうに見える??』と焦ってましたが、実際リャマミやクマヒロは自閉ちゃんが発する奇声・騒音に耐えられているかというと、結構ダメージを受けているというのが本音です(*_*)

日常生活上の不便さ

ダメージを受けるポイントの一つ目は『日常生活上の不便さ』

参考に自閉ちゃんが結構うるさい時の音声を載せてみます。

【歓喜のトランポリン編@リビング】


【ネムネムズハイ編@寝室】

この頃はこの状態のうるささが1時間のうち20分くらい続くイメージです。

音声ファイルだけだと伝わりづらいかもしれないので、日常生活にどんな問題が生じるかというと

  • キッチンとダイニングテーブルの位置関係で話していても、大声で話さないと会話ができない
  • 2階と1階での会話は基本的に不可能
  • 自閉ちゃんの側では電話は不可能

こんな感じの不都合が生じています…特に自閉ちゃんが起きている時は真面目な電話ができないのがツライですね。

親や友達への電話は『自閉ちゃんがうるさくなると会話不可』前提なので大丈夫なんですが、大事な用事で電話をしたい場合は最低リビングから避難して3階か1階に避難する必要があります…ただ今の自閉ちゃんは前回のブログでも書いたとおり、超高性能リャマミ自動追尾機能が搭載されているので逃げきれないんですが(*_*)

それに夫婦の会話が物理的に聞こえなくなるのもかなり不便なポイントです。

たとえば、リビングにいるクマヒロにリャマミが『ティッシュ何箱残ってる?』と聞いても、自閉ちゃんがうるさすぎて全く聞こえず、仕方ないから自分でリビングに行くという感じですね。

『ゴメン、自閉ちゃんがうるさいから聞こえない』

というのがお決まりのフレーズになりつつある辺り、慣れてしまってはいますが、自閉ちゃんのうるささは日常生活に影響を及ぼしてるんだなと感じるところです。

精神的ダメージ

私が予想するリャマミのストレスの発生割合

  1. 自閉ちゃんの奇声・騒音:4割
  2. 自閉ちゃんのいたずら:4割
  3. 療育関係のめんどくささ:2割

こんな感じなはずです!!(後から確認しときます…夫婦のお互いの理解度が試されますね|ω・))

自閉ちゃんの奇声・騒音がかなりのストレス源になってますね…この辺りクマヒロの割合的には

  1. 自閉ちゃんの奇声・騒音:1割
  2. 自閉ちゃんのいたずら:9割

という感じなので、夫婦でかなり違いがありますね。

1割の部分も電車やお外での奇声で他の人に迷惑をかけることへのストレスなので、実質自閉ちゃんの奇声・騒音は気にならないんですよね…この辺り自閉ちゃんと一緒にいる時間や男女差が出てると思います。

リャマミ的にはさっきのような歓喜のうるささも十分にツラいらしいんですが、それ以上に自閉ちゃんのキレた時の声への不快度が凄まじいようです。

近頃自閉ちゃんは気に入らない事があるとリャマミや私を指さして

『アーッ!!!』

ハリーポッターのエクスペクトパトローナムのような姿勢で抗議してくるのですが、そのポーズと金切り声のうるささが絶妙にリャマミを苛立たせるようで、そういう意味では相手をイラつかせる呪文として効果は抜群ですね(^^)

その他にも『ご飯早く用意しろよ!!』『オレはこんなことしたくないのに!!』『さっさと寝るぞ!!』『靴下が上手くはけないんだよ!!』という催促系の奇声がとにかくリャマミをイラつかるみたいですね…ホント待てないというか、ワガママというか、リアルジャイアンなのでイラだつ理由は分かりますね((+_+))

自閉ちゃんうるさすぎ問題の対応

いつも通り、ありません\(^o^)/

ただ有効な手段として『ピークは越えたと思いこむ』というのはある気がします。

さっきもリャマミと『先週くらいが一番ヤバかったけどね』『ちょっと今落ち着いたかも』と話してましたが、実際にそうかどうかはともかく、ちょっとマシになってきたなと思いこむと大丈夫な気がしてくるので、奇声が落ち着くまでプラシーボ効果で頑張ります!!

まとめ

自閉ちゃんがうるさすぎる件について
  • 自閉ちゃんのうるささがレベルアップしている
  • 色んな人から精神状態を心配されるリャマミ
  • 奇声・騒音は物理的にも精神的にも大ダメージ
  • 気に入らない事があるとハリーポッターの魔法のようなポーズで抗議する自閉ちゃんが可愛い(ただし、リャマミ的には絶妙にイラつく)
  • ピークから比べるとちょっとマシになってきたと思い込んでやり過ごしたい

こんな感じですかね…かなりツラいですが頑張って生きていきます(´;ω;`)

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは、また次のブログ『トイトレの時きたる~4歳自閉症児のトイトレ事情~』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です