子育て日記

リビングにテントを設置しまして〜さよならジャングルジム〜

こんにちは、『クマヒロ』です。

今日は我が家のリビングの自閉ちゃんスペースを大改造した件について書いていきたいと思います!!

是非ご覧ください。

ジャングルジムが危険な件

今日のテーマは前にもブログで書いたことのある

リビングの自閉ちゃんスペース改造計画

です。

現在我が家ではリビングの3分の1程度を自閉ちゃんスペースとしていて、そのスペースに

  • 自閉ちゃんのおもちゃ置き場
  • 本棚
  • ジャングルジム
  • ブランコ
  • トランポリン

が配置してあります。

この中でも特に大きく場所をとるのがジャングルジムになります。

昔あげた画像だとこんな感じですね。

このジャングルジムは自閉ちゃんが3歳の時のクリスマスに、私の母にプレゼントとして買ってもらったものであるため、かれこれ2年半近く活躍し、今でも自閉ちゃんがブランコで遊んだり、登ってボーっとしていたり、ココを足場にして窓から外を見ていたりするのですが、自閉ちゃんが成長するにつれ色々と問題が出てきたんですよね( ˘•ω•˘ )

その問題というのは

  1. ジャングルジム利用可能体重オーバーしてるよ問題
  2. ジャングルジム壊れてきたよ問題
  3. ジャングルジムに登って窓からフライハイが怖いよ問題

の3つで、全部ジャングルジム関連なんですが簡単に言うと

ジャングルジムがあると危ないから撤去したい

というだけの問題だったりします(・´з`・)

買ってから2年半近くリビングの守り神として活躍してくれたジャングルジムですが、写真でも分かるとおり滑り台の根元などが絶賛崩壊中。

体重制限20キロのところ、体重20キロ以上&ジャングルジムの天辺で跳ね回る危険人物である自閉ちゃんの攻撃に今までよく耐えてくれましたが、流石にそろそろお役御免ですね( ノД`)

まだまだ自閉ちゃん的にはジャングルジムで遊びたい年頃であると思いますが、自閉ちゃんがノリノリで遊んでいる時フレームがバキッと折れて落下したり、窓に身を乗り出している時に崩壊して自閉ちゃんがフェンスごとお外にフライハイするという可能性もないわけではないですし、危険は排除しておくに越したことはありません。

ということで、ジャングルジム撤去の構想を描きはじめてから約半年、先日ついに撤去作業を完了しました!!

いざ撤去してみると意外と広い自閉ちゃんスペース。

広々とした空間が嬉しい反面、ずっとあったオモチャがなくなるのはちょっと寂しくもありますね|ω・)

テントを設置しまして

ジャングルジムを撤去したことで、空白地帯となった自閉ちゃんスペース。

ここに何を設置するのかはリャマミとも度々議論となり

  • 一人でこもれる小さいテントを置いてみよう
  • 療育センターのようにパーテーションで区切って、落ち着いて何かが出来るスペースにしよう
  • プラレールとか場所を取る遊びが出来るフリースペースにしよう
  • バランスボールを置いてみよう

などなど様々な案がでました。

そのなかでも一時パーテーションで区切ってみようという案に固まりかけたのですが、療育センターの先生から

『自閉ちゃんパーテーションの位置が気になるみたいで、しょっちゅう位置を動かそうとしてます。固定されてるので動かないんですが、こだわりみたいですね。』

という話があったため、現段階で設置すると自閉ちゃんがガンガン動かそうとして壁やら床やらボロボロになる事が想定されるため断念。

ガムテやら重りやらでガチガチに固定されてる療育センターのパーテーションですら動かそうとするわけですから、一般家庭がちょっと固定してみた程度だとすぐ位置動かされる思われるため、パーテーションを設置するのは自閉ちゃんがもう少し物分かりが良くなってからですかね…いつになるかわかりませんが(´;ω;`)

パーテーションの設置が難しいという事で、次善策として検討していた

テントの設置

により自閉ちゃんの様子を伺うことに。

設置したテントはこちら。

とりあえずお試しということでニトリで3千円くらいで購入してみましたが、素材の脆さや作りのチャチさ的に自閉ちゃんが本気になったら秒で破壊されそうな雰囲気が漂っています。

買ったばかりなのに既に微妙に傾いている天辺の矢印が素敵ですね٩( ”ω” )و

いちおう中には自閉ちゃんホイホイとしていくつかぬいぐるみを置いてみましたが、それがさらにシュールさを増幅させています。

自閉ちゃんの反応は

ジャングルジムの撤去からテントの設置まで一晩で頑張ったリャマミ&クマヒロ。

自閉ちゃん視点だと

起きてきたらジャングルジムがなくなってるし、よく分からないテントがあるし、中には謎のぬいぐるみがあるし罠にしか見えない

という感じかと思いますが、自閉ちゃんはこだわりが強いわりにこういう大きな変化にたいしては柔軟なところがあるので、意外とスムーズにテントで遊んでくれるのかなと思ったり。

ということで、テントを目の前にした自閉ちゃんの様子を観察してみると…

なんか普通に入ってます(o)!!

『2年半あったジャングルジムがないことに疑問を抱かないの??』

『猪獲りのワナがあったら秒で引っかかりそう』

などと親が思っていると、テントのなかでビタンビタン暴れる自閉ちゃん。

壊れます、一日目にして崩壊の予感漂ってます!!

『あ~、終わったな、テント買い直しだな~』

などと思っていると、次第に落ち着きテントのなかで頬杖をつきながらケロヨンを丹念に舐め始める自閉ちゃん。

なんか気に入ってくれたみたいですね!!

このテントは繋ぎ的なもので、数か月後も使ってくれているようであればもう少ししっかりしたものにしますし、飽きていたら違うスペース活用方法を考えたいと思いますが、とりあえずは自閉ちゃんが自分だけの場所を活用して何をするのか様子をみたいと思います( *´艸`)

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログ『物を並べるこだわりに磨きがかかってきた件〜謎の基準がありまして〜』でお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

POSTED COMMENT

  1. のん より:

    テントの中のケロヨンがシュールで笑ってしまいました。自閉ちゃんテントに入ってくれて良かったですね(^^)

    • misojinn より:

      ちょっと儀式っぽいですが気に入ってくれたのか、今もテントの中にはケロヨンがいます(笑)
      この調子でテントを有効活用してくれることを祈るばかりです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です