こだわり

リャマミ殴られる〜朝活を邪魔するというタブー〜

こんにちは、クマヒロです。

今日は朝活大好き自閉ちゃんの生態について書いていきたいと思います。

是非ご覧ください!!

朝活大好き自閉ちゃん

前にもブログで何回か触れてきましたが、自閉ちゃんは毎朝『朝活』を欠かすことのない『朝活男子』です|ω・)

我が家では基本一番早く起きるのが自閉ちゃんなんですが、早い時は4時半、遅くとも6時半には寝覚め、一人リビングに向かい朝活を開始。

起きたらホント数秒ですくっと立ち上がって即リビングに降りてくんですよね…毎回よく寝ぼけて転げ落ちないなと感心しています。

リビングに降り立った自閉ちゃんはすぐに

  • ジャングルジムに登る
  • ジャングルジムからトランポリンに飛び移る
  • ひたすら走り回る

という大人だったらまたすぐ寝たくなるような激しい運動部的な活動から

  • 絵本を眺める
  • 歌絵本DJを始める
  • おもちゃを美しい配置に並べる(散らかすともいう)
  • 喃語でいないはずの何かに語りかける

という知性や芸術的なセンスを垣間みせる文化部的な活動まで、たっぷり1〜2時間くらい時間を使い朝活を楽しみます…まぁ、一部スピリチュアルな奇行が混ざってますが、そこに触れるとまた長くなりそうなので今日はスルーしましょう。

しかし、寝起きすぐなのに子どもってタフですね(・´з`・)

自閉ちゃんの毎朝のルーティンとして確固たる地位を築いている『朝活』ですが、このルーティンは親にとってはかなり有難かったりします。

朝活を始める前の3歳頃の自閉ちゃんは、目覚めると親が起きるまで何度でも

  • 叩く
  • ひっかく
  • 舐める
  • メガネのレンズをベタベタ触る
  • お腹にかかと落とし
  • 股間にもかかと落とし
  • 顔の下に潜り込み首破壊を試みる

こういった親が嫌がる行動を繰り返していたんですが、朝活が始まってからは親に攻撃を加える時間を朝活に使うようになったのか、その頻度は劇的に減少しました!!

親的には朝活様様ですね( *´艸`)

そんなクマヒロ&リャマミの朝の救世主ともいえる『朝活』ですが、先日思わぬ副作用を生み出すこととなりました…。

リャマミ殴られる

ここまで見てきたように

  • 朝早く起き
  • たっぷりと朝活をし
  • 万全の状態で親を迎え撃つ

という『朝活』ルーティンが完成している自閉ちゃんですが、週5での療育センター通園が想像以上に疲れるのか、それとも季節の変わり目で体調を崩しているのか、近頃たまに寝坊しクマヒロやリャマミよりも遅くまで寝ている日もでてきました。

先日も私が7時半に起きたところ、自閉ちゃんもリャマミも絶賛爆睡中だったためリャマミだけを起こし、自閉ちゃんはそのまま寝かしておいたのですが、それが悪夢の始まりとなりました(´;ω;`)

クマヒロとリャマミの気配がなくなったことに気づいたのか、すぐに起き一人キレながらリビング降り立つ自閉ちゃん。

最後に起きることとなり、静寂な空間で朝活をできなくなったことが気に入らないのか、野生化一歩手前の不穏な気配をまとっています。

早速ルーティンである『朝活』を始めようとしますが、自閉ちゃんの姿を見たリャマミはあることに気づきました…

なんかオシッコすさまじい勢いで漏れてない(o)!?

『シャー』っという音とともに色が変わっていくパジャマ。

朝いちトイレタイム中にオムツが限界を迎えたのか、まるでダムが決壊したかのようにもれまくってます!!

オシッコはプレイマットをつたい、急速にその範囲を広げていきます。

棒立ちの自閉ちゃん。

叫ぶリャマミ。

会社に遅れそうなクマヒロ。

毎度のことながら平日朝のクマヒロは使い物にならないため、仕方なくリャマミが一人で事態を収拾することに…あれですね、クマヒロもっと早く起きろよという話ですね(・´з`・)

とりあえずティッシュで被害拡大を防ぎ、元凶である自閉ちゃんのオムツ交換を試みますが

『今から朝活の時間なんですけど!!』

と断固オムツ交換を拒否する自閉ちゃん。

いや、キミそのビショビショの状態でホントに朝活楽しめるの( ˘•ω•˘ )??

親的には着替え終わってからの方が遥かに健やかな気持ちで朝活ができそうな気もしますが、自閉ちゃん的には漏れてる事より朝活が出来ていない事のほうが問題なんですかね…。

朝一から

絶対オムツを交換したいリャマミ

vs

びしょ濡れでいいから朝活をしたい自閉ちゃん

という謎の戦いが繰り広げられる我が家。

一刻も早くその場をキレイにしたリャマミが一瞬の隙をつきタックルを決め、強引にオムツ交換を行いますが、朝活を邪魔されたと感じた自閉ちゃんは大かんしゃくモードに突入(´;ω;`)

『リャマミはこどもの基本的朝活権を侵害したんだ!!その報いを受けるべきなんだ!!』

と思っているのかリャマミを殴りまくる自閉ちゃん。

暴行を受けながらも悲惨な状況となった現場を片付けるリャマミ。

泣きながら朝活を始める自閉ちゃん。

キレながらも片づけ続けるリャマミ。

自分の泣き声に興奮してさらに号泣しながら歌絵本を楽しむ自閉ちゃん。

片づけ終わり寝室に避難するリャマミ。

こっそりと会社に出かけるクマヒロ。

朝からカオスすぎ( Д`)

結局クマヒロが会社に行ったあと30分くらい泣きながら朝活を続けたという自閉ちゃん。

生活のリズムがしっかりとできているのは素晴らしいですが、少しでも順番が狂うと即暴力やかんしゃくに繋がる現状は困ったものですね…。

療育センターでも今年度からカリキュラムとして、事前に伝えておいたスケジュールを直前に変えるという『予定変更になれるための練習』を始めるらしいですが、家庭でも適度にスケジュールを崩す工夫をしたほうがいいのかもしれませんね((+_+))

おまけ

ちょっと面白い事があったので急遽追記します!!

このブログを書き終えたあと、リビングでゴロゴロしていたらそのまま寝てしまったんですが、朝5時にふと目が覚めると階段で呆然となりながらクマヒロを見つめる自閉ちゃんの姿が。

恐らく朝活のために降りてきたらクマヒロがいるというイレギュラーな事態に遭遇し、固まってしまったんでしょう…パニック寸前なのか、頭をバンバンと叩きながら耳を塞ぎ、寝室に戻ろうとします!!

これはまずい!!

このままだとパニックからの大癇癪モードに突入し

  • リャマミをバンバン叩いて起こす
  • いきなり起こされたリャマミが不機嫌
  • クマヒロのせいだとバレて、クマヒロ怒られる
  • クマヒロ号泣
  • 自閉ちゃんさらに号泣
  • リャマミさらに不機嫌

という負のスパイラルが完成してしまいます。゚(゚´Д`゚)゚。

急ぎ階段を登ろうとする自閉ちゃんを引き止め

『パパいまから寝るよ〜。自閉ちゃんはリビングで遊んでて大丈夫だよ〜』

と伝えます。

しばしの沈黙。

『あぁ、そういうことね、完璧に理解したわ』

と笑顔になり嬉々としてリビングに駆け下りる自閉ちゃん。

良かったです、この非常事態をなんとか乗り切れました(*´꒳`*)

しかし、クマヒロが寝室に向かおうとすると急に不安になったのかピタッと背後につき、真顔で手を振りまくる自閉ちゃん。

ライブ会場かと思うくらいの勢いでブンブンと手を振りバイバイをしてくるので、逃げるように寝室にのぼりますが、何故かついてくる自閉ちゃん…なんでついてくるん( ゚д゚)??

クマヒロを押す自閉ちゃん。

クマヒロが布団に入るのを見届ける自閉ちゃん。

クマヒロが目を瞑るのを確認する自閉ちゃん。

…ちゃんと寝るかの監視だったんですね。゚(゚´Д`゚)゚。

『ようやくクマヒロが寝たぜ!!これからはオレの時代だ!!』

という感じで、クマヒロがリビングに降りてこないことを確認し満足したのか、その後の自閉ちゃんはリビングで大はしゃぎで遊んでましたが、やはり自閉ちゃんの朝活は神聖にして不可侵の権利なんだと理解した1日でした!!

今日の自閉ちゃん

今日の自閉ちゃんはこちら

公園で遊んでいる途中に子どもの騒ぎ声が聞こえ耳ふさぎモードが始まってしまった自閉ちゃんです(´;ω;`)

相変わらず公園は大好きなんですが、それは他の子も一緒。

小さい子がいない公園というのは中々レアなので、場所や時間帯を工夫しながら色々と試していますが根本的な解決策はないのが現状ですね…。

耳ふさぎが一時的なブームであることを祈るしかないですね((+_+))

ということで、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

それでは、また次のブログでお会い出来たら嬉しいです(^_^)/~

あと、にほんブログ村や人気ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です